このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43039
本文ファイル
別タイトル
Relationships of autonomy with job satisfaction of care workers: Moderate effect of qualification and organizational climate <Paper>
著者
福間 隆康
キーワード
自律性
職務満足
能力
組織風土
介護職員
NDC
経済
抄録
本研究は,自律性と職務満足との関係に与える能力および組織風土のモデレート効果を明らかにすることを目的とした。自律性,職務満足,能力,および組織風土測定尺度を用いて,介護サービス事業所の介護職員318名を対象に,インターネット調査を行った。まず,本研究で用いられた変数の独立性および信頼性を確認するため,探索的因子分析および信頼性分析を行った。次に,各変数間の関連を調べるため,相関分析を行った。そして最後に,自律性と職務満足との関係に与える能力および組織風土のモデレート効果を調べるため,重回帰分析を行った。分析の結果,能力と組織風土のモデレート効果が統計的に有意な水準で認められた。自律性はそれ自体職務満足に対して主効果を有するが,仕事の特性と個人の特性,仕事の特性と組織の特性は互いに相乗的に働き合いながら,職務満足の向上に寄与していることが示された。
内容記述
本研究は,JSPS科研費25380506(研究代表者原口恭彦)の助成を受けたものである。
本稿は,2014年に開催された日本労務学会第44回大会(北海学園大学・北海商科大学)で報告した内容に加筆・修正を行ったものである。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
17号
開始ページ
1
終了ページ
12
出版年月日
2016-03-25
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧