このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35496
本文ファイル
別タイトル
Development of a job satisfaction scale for nurses <Notes>
著者
江口 圭一
佐藤 敦子
日野 恭子
岡野 留美子
住田 乙浩
キーワード
看護師
職務満足
尺度の開発
信頼性
妥当性
NDC
医学
抄録
医療を取り巻く環境の変化に伴い,看護師の職務満足の重要性が見直されている。本研究は,看護師の職務満足を測定する新たな尺度の開発と,その信頼性と妥当性の検討を目的とした。中国地方の公立病院において,予備調査で収集された108項目を用いた質問紙調査を実施した。探索的因子分析の結果,県立広島病院版看護師職務満足尺度(JSN-H)が作成された。本尺度の内的一貫性は高いことが確認できた。また,すべての下位尺度とポジティブな気分,総合的満足感,就業継続意思との間に有意な正の相関,ネガティブな気分との間に有意な負の相関が認められ,構成概念妥当性が高いことが確認できた。以上のことから,JSN-H の14下位尺度は看護師の職務満足度を測定できると結論づけられた。
抄録(英)
With changing environment of medical care, the importance of nurses' job satisfaction has been reevaluated. This study aimed at development of a new nurses' job satisfaction scale as well as examination of its reliability and validity. At a public hospital in Chugoku area, a questionnaire research consisting of 108 items, which were collected from the preliminary research, was conducted. As a result of exploratory factor analysis, Job satisfaction inventory for nurses - Hiroshima prefectural hospital edition (JSN-H) was developed. The internal consistency of the subscales was high. The construct validity of the subscales was high, as each of the subscales was positively correlated with positive mood, comprehensive satisfaction, and working intention, while each of the subscales was negatively correlated with negative mood. Therefore, it was concluded that 14 subscales of the new scale could measure nurses' job satisfaction.
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
15号
開始ページ
65
終了ページ
76
出版年月日
2014-03-27
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧