このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 22805
本文ファイル
別タイトル
A Consideration on Instructional Research from the Perspective of Linguistics
著者
中野 和光
キーワード
educational linguistics
multimodal teaching and learning
genre approach
instructional research
lesson study
教育言語学
マルチモードの教授と学習
ジャンル・アプローチ
授業研究
NDC
教育
言語
抄録(英)
Instructional research from the perspective of linguistics is considered. In 1972, the concept of educational linguistics are proposed by Bernard Spolsky. At first, it is subfield of linguistics like educational psychology or educational sociology. Today it is conceived as transdisciplinary field. It focused the role of language in teaching-learning process. From linguistic perspective, especially Gunther Kress's point of view, teachinglearning process can be regarded as multi-modal rhetorical process. where children's writing is conceived by the concept of genre.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域
56号
開始ページ
21
終了ページ
26
出版年月日
2007-12-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5562
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧