このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36649
本文ファイル
別タイトル
Use of Accent Information in Word Recognition by L2 Leaners of Japanese : Focusing on the learners who speak Seoul Korean as their native language
著者
尹 帥
キーワード
accent information
word recognition
eye tracking
L2 learner
アクセント情報
語彙認知
視線計測
第二言語学習者
NDC
教育
抄録(英)
Previous studies have shown that prosodic information plays an important role in spoken word recognition by L2 learners (Cooper et al., 2002). However, it still remains unclear exactly how and when learners use prosodic cues in the word recognition process. This study aims at answering the question whether Korean (Seoul dialect) learners of Japanese utilize prosodic information incrementally by investigating exactly how and when L2 learners use accentual information in the course of word recognition process. We conducted eye-tracking experiments with a visual world paradigm, using artificial Japanese words. The results indicated that the learners couldn’t use prosodic cues incrementally in word recognition because of the interference by perceptual experience with L1 phrase-level prosody.
内容記述
本研究は,学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(A)「言語の多様性と認知神経システムの可変性 : 東アジア言語の比較を通した探求」(課題番号23242020 研究代表者:酒井弘)及び文部科学省「卓越した大学院拠点形成支援補助金」による支援を受けて実施された。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
63号
開始ページ
209
終了ページ
217
出版年月日
2014-12-19
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5554
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧