このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35363
本文ファイル
別タイトル
Reconsidering Iser's Reading Theory as a Fundamental Theory of Reading
著者
鎌田 首治朗
キーワード
Iser's theory
textual constraints in reading
concept of negation
reflective reading
applications reader-response theories to reading instruction
イーザーの読者論
「テクスト」による制限
「否定」概念
自分を読むこと
読むことの授業への生かし方
NDC
教育
抄録(英)
This study aims to re-examine Iser's influential reading theory (Iser, 1976, 1978; Japanese translation in 1982) on reading and Japanese language classes in primary and secondary education. Criticism of Iser's theory will be taken and considered, and questions asked of the theory will also be clarified. For basic theory of reforming reading and Japanese language classes, limitations and general concepts (reading is reading for yourself) will be derived from Iser's theory, and consideration given to what should be introduced for reading classes in Japan.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
62号
開始ページ
151
終了ページ
160
出版年月日
2013-12-20
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5554
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧