このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16184
本文ファイル
別タイトル
A Learner Oriented Study on Teaching of Literature : Some Considerations on Teacher's Interpretations of ""TOROKKO (tramcar)"" (Ryunosuke Akutagawa)
著者
寺田 守
キーワード
学習者像
語り手
回帰的な読み
conceived learners
narrator
recursive reading
NDC
教育
抄録(英)
This research clarified conceived learners in teacher's interpretations. Three patterns of interpretation processes that were recursive reading of Ryohei's personality between two times in his childhood and adulthood, reading as different roles among teacher and learners, and reading through expanding sympathy with Ryohei was pointed out as the result of considerations. Then author have revised conceived learners by focusing on narrator.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
51号
開始ページ
137
終了ページ
146
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1346-5554
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧