このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19561
本文ファイル
別タイトル
Conflicts between mother-self and personal-self and integration of two selves : Relationship with diffculties in child caring
著者
豊田 史代
キーワード
育児期
育児困難
母親役割
葛藤
NDC
心理学
抄録
本研究では,育児期の女性を「個人としての自己」と「母親としての自己」という視点から捉え,二つの自己の葛藤における特徴,及び,それぞれの母親が抱えている育児困難の特徴について検討した。対象者は,二つの自己の確立度により4つの自己様態群に分類された。二つの自己の確立度によって,母親役割を受け入れる段階で葛藤している母親,葛藤を回避している母親,葛藤が生じていない母親,葛藤を経て統合させている母親といった葛藤経験の特徴が示された。また,2つの自己の位置づけと葛藤のあり方が,育児困難の内容や程度と関連していることが示唆された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
6号
開始ページ
201
終了ページ
222
出版年月日
2007-03-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧