このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19559
本文ファイル
別タイトル
Exploratory research on a reflection scale for kindergarten and nursery teachers(2) : Study about a 3-layer model for reflection
著者
朴 信永
若林 紀乃
キーワード
保育者, 省察
反省的実践
NDC
心理学
抄録
保育における省察の構造を明らかにするために,省察の3層モデルに基づき質問項目を作成し,保育者118名に実施した。因子分析の結果,自分自身に関する省察と他者をとおした省察は1因子構造,子どもに関する省察は2因子構造が妥当であると考えられた。因子分析の結果に基づいて作成された保育者の省察に関する4つの下位尺度と,自己意識・自己内省尺度や保育者の日常に関する項目との相関は低かった。しかし,各質問項目の平均値は,3つの層によって異なる傾向があり,今後,2因子や3因子構造を再検討する必要があると考えられた。
掲載誌名
広島大学心理学研究
6号
開始ページ
175
終了ページ
182
出版年月日
2007-03-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧