このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19556
本文ファイル
別タイトル
Effects of self-esteem on time beliefs of university students
著者
新見 直子
永瀬 由里子
松田 由希子
キーワード
時間的信念
自尊心
大学生
NDC
心理学
抄録
本研究では,大学生163名を対象に自尊心尺度と時間的信念尺度を実施した。先行研究に基づいて自尊心の3つの下位尺度(身体,学業,家族)が時間的信念の2つの下位尺度(将来主義,現在主義)に影響するというモデルを仮定し,共分散構造分析を使用して検討を行った。その結果,十分な適合度指標が得られ,学業領域と家族領域の自尊心が将来主義に対して有意な正の影響を,身体領域の自尊心が現在主義に対して有意な負の影響を及ぼしていた。これらの結果は,自尊心の異なる領域が大学生の将来主義と現在主義に関連することを示唆する。
掲載誌名
広島大学心理学研究
6号
開始ページ
151
終了ページ
156
出版年月日
2007-03-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧