このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19554
本文ファイル
別タイトル
Preschooler's social adjustment and their types of aggression(3)
著者
越中 康治
江村 理奈
新見 直子
目久田 純一
淡野 将太
キーワード
攻撃的タイプ
社会的適応
幼児
NDC
心理学
抄録
本研究では,幼児の社会的適応と関連する要因の1つとして,幼児が示す攻撃のタ イプ(挑発的攻撃,報復的攻撃,制裁としての攻撃)に着日し,幼児が実際に仲間から受ける評価との関連を検討した。保育園の異年齢クラスを対象とした攻撃タイプと社会的適応に関する3回の調査結果を,とりわけ調査時期と評価者及び被評価者の性別による違いに焦点を当てて検討した。結果として,挑発的攻撃及び報復的攻撃を示すことが,男児の同性仲間集団における不適応の一因となっている可能性が示唆された。他方,女児においては,挑発的攻撃及び報復的攻撃を示すことと社会的適応との 関連は男児ほど明確ではなかった。女児は,仲間を評価する上で,男児ほど挑発的攻撃及び報復的攻撃をネガティプに評価しなかった。また,制裁としての攻撃は,評価者及び被評価者の性別にかかわらず,総じて,仲間からのポジティブな評価と関連した。攻撃性と社会的適応との関連は,攻撃性の質的相違,評価者及び被評価者の性別によって異なることが示された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
6号
開始ページ
131
終了ページ
139
出版年月日
2007-03-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧