このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19546
本文ファイル
別タイトル
A comparative study concerning explanatory models for Chinese environment-conscious behavioral intentions
著者
于 麗玲
戸塚 唯氏
キーワード
環境配慮行動意図
中国人
集合的防護動機モデル
環境配慮行動と規定因との要因連関モデル
行動に至る心理プロセスのモデル
enviroment-conscious behavioral intentions
Chinese
the collective protection motivation model
the model regarding environment-conscious behaviors and those determinants the model of psychological processes leading to behavior
NDC
心理学
公害・環境工学
抄録
環境配慮行動意図を予測するモデルとして,集合的防護動機モデル(深田・戸塚,2001),環境配慮的行動と規定因との要因連関モデル(広瀬,1994),行動に至る心理プロセスのモデル(小池他 2003)の3つのモデルがある。本研究の目的は,中国人の環境配慮行動意図に対する,これら3つのモデルの説明力を明らかにし,比較検討をすることである。4つの環境問題(水資源枯渇問題,水質汚染問題,大気汚染問題,電力不足問題)に関する環境配慮行動意図および3つの説明モデルが仮定する行動意図の規定因に関して,中国人高校生130人,大学生308人,成人女性120人を対象に質問紙調査を行った。その結果,モデルの説明力は,環境配慮行動意図に対して最も高く,環境配慮的態度に対して最も低いことが判明し,現段階では集合的防護動機モデルは環境配慮行動意図を予測するのに最も有効であることが解明された。
抄録(英)
There are three models which predict environment-conscious behavioral intentions : the collective protection motivation model (Fukada&Tbzuka, 2001), the mdel regarding environment-conscious behaviors and those determinants (Hirose, 1994),and the model of psychological processes leading to behavior(Koike et al., 2003). The purpose of this research is to clarify the power of explanation of these three models for Chinese environment-conscious behavioral intentions,and to make a comparison among the powers. Questionnaires about environment-conscious behavioral intentions and those determinants assumed by the three models concerning four environmental problems (water resource dryness, Water pollution, air pollution, and energy shortage), were distributed. The following results were obtained using data of 127 Chinese high school students, 288 Chinese university students,and 106 adult females. It became clear that the power of explanation of the collective protection motivation model and the model regarding environment-conscious behaviors and those determinants were almost same,and the power of explanation of the model of psychological proccsses leading to behavior was the smallest.
掲載誌名
広島大学心理学研究
6号
開始ページ
27
終了ページ
41
出版年月日
2007-03-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧