このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19418
本文ファイル
別タイトル
Contextual memory and event-related potentials in the visual search task
著者
小野 史典
白石 舞衣子
吉村 奈緒
キーワード
文脈手がかり
選択的注意
事象関連電位
NDC
心理学
抄録
本研究では,視覚探索中に文脈記憶によっておこる注意の誘導を,行動指標(反応時間)と生理的指標(事象関連電位)の2つの方法で測定した.被験者は,妨害刺激"L"の中から標的,T,を探索した.その際,半数の試行では,特定の刺激配置を繰り返し呈示し,残りの試行では毎試行新規な刺激配置を呈示した.その結果,行動指標では,同じ配置を繰り返し呈示した試行の方が,毎試行新規な配置を呈示した試行よりも,標的探索が速くなった.この結果は,視覚探索中に獲得された文脈記憶が,選択的注意を標的に誘導していたことを示している.一方,生理的指標では,同じ配置を繰り返し呈示した試行と,毎試行新規な配置を呈示した試行に,違いは見られなかった.
掲載誌名
広島大学心理学研究
3号
開始ページ
11
終了ページ
19
出版年月日
2004-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧