このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50569
本文ファイル
別タイトル
Development of Benevolent Sexism Scale for working women in Japan
著者
森永 康子 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
坂田 桐子 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
北梶 陽子 ダイバーシティ研究センター 広大研究者総覧
大池 真知子 ダイバーシティ研究センター 広大研究者総覧
福留 広大
キーワード
Benevolent Sexism Scale
working women
Japan
抄録(英)
Even though many women continue to work after marriage or childbirth nowadays, the number of women in managerial positions is still lower in Japan than in other countries. Benevolent sexism (BS) at the workplace has been considered one of the obstacles that prevent women from being promoted. Based on ambivalent sexism theory (Glick & Fiske, 1996), we developed a new scale to measure BS toward working women in order to investigate how BS affects womenʼs promotion in Japan. After performing a series of factor analyses and examining the validity using an original BS scale and other related scales, eight items were found to adequately construct three theoretical factors of BS.
内容記述
本研究は広島大学大学院教育学研究科倫理審査委員会の承認を受けて行われた(承認番号2019595)。本研究の一部は日本心理学会第第82回大会で発表した。また,本研究は科研費18K03007の助成を受けた。
掲載誌名
広島大学心理学研究
20号
開始ページ
11
終了ページ
22
出版年月日
2021-03-31
出版者
広島大学大学院人間社会科学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
人間社会科学研究科
他の一覧