このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35675
本文ファイル
別タイトル
Relationships among over-adaptation and family function in the university students : Transformation process of the family and the self <Article>
著者
星野 美欧
キーワード
過剰適応
家族機能
適応
青年期
変容過程
NDC
心理学
抄録
過剰適応青年は,親や家族からの過剰な期待に応えようとするため,自分の欲求を過度に抑えた結果として,問題行動を起こすと考えられている。本研究では,過剰適応青年における,欲求が満たされていない状態と家族機能の関連について検討を行った。その結果,過剰適応と欲求が満たされてない状態は関連しており,家族機能のバランスがとれていた群では過剰適応傾向が低いことが示された。さらに過剰適応青年に問題が生じた後の過剰適応青年とその家族の変容過程について検討を行った。その結果,過剰適応と欲求が満たされてない状態は関連しており,家族機能のバランスがとれていた群では過剰適応傾向が低いことが示された。また,家族機能の群ごとに,過剰適応の青年が表した問題への対応が異なることが示され、過剰適応青年とその家族が相互に影響しあい,変容していく過程が示された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
13号
開始ページ
107
終了ページ
127
出版年月日
2014-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧