このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34596
本文ファイル
別タイトル
Examination of the clinical utility of “Support Sheet for Self-analysis of Dreams"
著者
岡本 和典
キーワード
夢の自己分析サポートシート
自己理解
能動的夢分析
NDC
心理学
抄録
本研究では,岡本・石田(2009)が考案した「夢の自己分析サポートシート」 を名島(2003)の「能動的夢分析」の介入技法を援用して改良し,その臨床的有用性について検討した。研究1 では,改良を行ったサポートシートの実施難易度と得られた気づき,およびサポートシートへの記述にクライエント理解に役立つ情報が含まれるかについて検討した。そして,サポートシートは夢と現実との関連づけを容易にし,対人関係に関する気づきが得られやすいことと,クライエント理解に役立つ情報が得られるものであることが示された。研究2 では,サポートシートを用いることで,夢に対する「わけがわからない」という自我違和的な印象が軽減されることが示唆された。さらに,事例をもとにサポートシートを用いた夢の自己分析過程について検討したところ,サポートシートは夢の中の要素の中の連想を深め,夢と現実での体験とを関連づけた意味を見出すことを促すことが示唆された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
12号
開始ページ
249
終了ページ
262
出版年月日
2013-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧