このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36471
本文ファイル
別タイトル
Use of e-learning based on ICT at a public health nursing practicum <material>
著者
成相 恵子
勅使河原 薫
廣野 祥子
キーワード
eラーニング
公衆衛生看護学実習
iPod touch
e-learning
public health nursing practicum
NDC
医学
抄録
目的:本研究の目的は,実習でのインターネットの活用とeラーニングの実態を把握することである.

方法:調査対象者は看護系大学の4年生66人である.実習終了後に無記名自記式で任意の質問紙調査を行った.調査時期は2008年7月である.  

結果:質問紙は57人(回収率86.4%)から回収された.私物のパソコンを所有している学生は41人(71.9%)であった.実習に関連したインターネットの利用は49人(86.0%)で,利用した目的は,健康教育93.9%,地域診断61.2%であった.モバイル機器(iPod touch)が無線LANにつながった学生は14.0%であった.40人(70.2%)の学生がeラーニングによって学習しており,閲覧機器はパソコン77.5%,iPod touch 57.5%であった(複数回答).  

考察:実習中に約8割以上の学生がインターネットで情報検索を行い,約7割がeラーニングを体験しており,インターネットは身近な教育ツールとなっていることが明らかとなった.
抄録(英)
Objectives: The study aimed to capture student experiences and use of the Internet and e-learning based on ICT (Information and Communication Technology) during a public health nursing practicum at a government agency.

Methods: The subjects were 66 senior nursing students. After the completion of their practicum, an anonymous self-administered questionnaire was conducted. The investigaton was held in July 2008.

Results: Fifty-seven students answered the survey (response rate: 86.4%). Of these, 41 (71.9%) students had a personal computer. For the practicum, 49 students (86.0%) had access to the Internet during the practicum. On the specific purpose of the Internet, 93.9% and 61.2% of these students used it for health education and community diagnosis, respectively. Of the students, 14.0% connected personal mobile devices (iPod touch) to wireless LAN. Forty students (70.2%) learned by means of e-learning, via personal computer (77.5%) and mobile devices (57.5%).

Conclusions: Approximately more than 80% of the students used the Internet to search for information and more than 70% experienced e-learning during the public health nursing practicum. These findings suggest that the Internet was the common tool.
内容記述
本稿は,文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)平成18年度-20年度採択(テーマ:「地域医療教育遠隔支援eラーニングの開発」)の助成を受けて行った研究の一部である。
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
12巻
2号
開始ページ
51
終了ページ
57
出版年月日
2014-10-31
出版者
広島大学保健学出版会
作成年月日
2014-12-03
ISSN
1347-7323
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学保健学出版会
部局名
保健学研究科
他の一覧