このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43377
本文ファイル
別タイトル
The Effect of the Experiences in the Forest Kindergarten on the Motor Ability and Academic Ability of Schoolchildren from the Forest Kindergarten: Focusing on the Long-Term Effect
著者
中邑 恵子
上田 毅 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
清水 寿代 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
杉村 伸一郎 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本研究は,森の中で遊びを中心とした保育を行っている森の幼稚園(広島大学附属幼稚園)の卒園児に対して知力・体力等の調査を行い,幼児期に森の保育環境で過ごすことの長期的な育ちの効果を探ることを目的とした。方法は,卒園児のうち2016年現在,東広島市内に在住している小学校1~6年生172名の保護者に対して,小学校で行われている新体力テスト(8種目)とNRT 標準学力検査の結果を質問紙で問い,そのデータをまとめた。結果は,体力・運動能力では,卒園児の方が全国調査における一般的な子どもたちと比べて高く,卒園児の体力・運動能力は長期的な影響を及ぼしており,持続性を持っていると考えられた。NRT 標準学力検査では,国語と算数の両教科において卒園児の方が全国平均よりも得点が有意に高いことが明らかとなり,検証には至らなかったが,幼児期に森で過ごす体験が学びに影響を与えた可能性は否定できない。これらのことから,森の幼稚園の保育と保育環境は,卒園児の体力や運動能力そして学力に,少なくとも6年間はポジティブな影響を与えていることが示唆された。
抄録(英)
This study examined the motor ability and the academic ability of schoolchildren who had graduated from the forest kindergarten. One hundred and seventy two primary school children's parents were asked to answer the questionnaire about the children's score of the physical performance test and the achievement test which they took in their school. The result showed that children from the forest kindergarten in average achieved higher score in some of the items of physical test and that all of the subjects of achievement test. This suggests that the experiences in the forest kindergarten affect children's motor ability and cognitive ability positively and the effect lasts long at least for six years.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
1
終了ページ
7
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
福屋, いずみ
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧