このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34664
本文ファイル
別タイトル
A Practical Study on the Format of Useful Transition Support Sheets for Infants with Special Needs.
著者
玉木 美和
大野 歩
NDC
教育
抄録
本研究では,意義のある幼小連携のために,小学校側のニーズに配慮しつつ,幼稚園での保育の蓄積を伝えられるような就学支援シートを作成することを目的とした。 そこで,就学支援シートの内容等について,幼稚園側が伝えたいことをカンファレンスの中で見いだし,小学校側のニーズをインタビューによって明らかにした上で,双方にとって有効な就学支援シートの作成を試みた。幼稚園としては「対象児の具体的な姿を通して支援の方策を伝えたい」,小学校側は「集団の中における個人の支援におけるポイントを簡潔に押さえたい」という思いや観点の違いから,伝えたい情報と知りたい情報の差異が見られた。小学校のニーズに応じて支援のポイントを簡潔に記載することは可能であったが,支援のポイントを中心に記載すると具体的な姿が表れないため,幼稚園で伝えたい対象児の姿や育ちが伝わらないことが危惧された。 このことから,就学支援シートというツールだけでの連携には限界があると考えられた。子どもの実態をもとにした小学校へのスムースな接続を実現するためにも,小学校教諭と幼稚園教諭が直接話をする機会をもつことやお互いの教育を理解しあうことが望まれる。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
41号
開始ページ
141
終了ページ
149
出版年月日
2013-03-22
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
金子, 嘉秀
河口, 麻希
Kaneko, Yoshihide
Kawaguchi, Maki
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧