このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32651
本文ファイル
別タイトル
A study of the development and evaluation of solid academic abilities. : A practice approaches to the reading abilities through others expressions and languages.
著者
NDC
教育
抄録
本研究は,中学校国語科において「確かな学力」の育成のため,さまざまな他者の言葉を「受け止め」ることでその中から課題を見つけ,「考え」て言葉を吟味し「表現する」サイクルを通した指導の在り方を明らかにしていく。ここでの「他者の言葉」とは,目に見える他の学習者や教師の言葉だけでなく,さまざまな文章そのもの,またテキストの筆者や過去の自分などの言葉をも含む幅広い概念である。

今年度は「竹取物語」や「おくのほそ道」といった古文を教材とし,現代に生きる生徒たちにはイメージしにくい昔の世界について,さまざまな他者の言葉に触れさせる・比較させるなどという形で「受け止め」させることにより,生徒が深く「考え」て「読むこと」ができたのではないかと考えられる。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
40号
開始ページ
225
終了ページ
230
出版年月日
2012-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧