このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31267
本文ファイル
別タイトル
Creating children's culture in learning in elementary science (XI) : Development of teaching material to promote children's understandings of metal concept
著者
小川 麻貴
NDC
教育
抄録
本研究の目的は, 児童の金属概念の理解を促す教材として, ぬり絵付き科学読み物を開発し, その学習効果を検証することであった。研究授業は2010(平成22)年10月26日に, 広島大学附属小学校において実施された。実施単元は第3学年の理科単元「電気の通り道」であり, 対象児童は同小学校1部第3学年の41名(男子20名, 女子21名)であった。学習前後に実施したアンケート調査や学習後の児童による感想文の分析から, 次の諸点が明らかになった。(1)ぬり絵付き科学読み物の講読によって, 金属の種類や性質, 金属を用いた日用品, 鉄くぎの製造などに関する児童の理解が深まった。(2)児童は科学読み物に対して強い関心を示しており, 科学読み物の講読を契機として理科が好きになる可能性が示された。(3)児童はぬり絵について楽しく感じており, ぬり絵を契機として理科が好きになる可能性が示された。(4)ぬり絵付き科学読み物の理科単元への導入は, 金属学習に対する児童の意欲を喚起する上で有効であった。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
39号
開始ページ
353
終了ページ
358
出版年月日
2011-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧