このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 740
本文ファイル
別タイトル
Developing Computer Assisted Teaching Materials in Mathematical Classrooms : Using the Internet and Local Area Network
著者
井ノ迫 泰弘
NDC
教育
抄録
これからの数学科の授業は,学びの転換を目指すためにつくられた数学を伝達する授業中心から,実験・実測等を取り入れて数学を体験する,いわば『数学をつくっていく授業』を重視していくべきである。このために教師は授業前に思考過程を十分に検討して教材や情報をサーバに置き,校内LANで結ばれているコンピュータを利用し,授業でこれらを提示する。本稿は,インターネットや校内LANを利用し,このような授業の展開例と,その授業を実施するための課題等について研究したものである。
掲載誌名
研究紀要 /広島大学附属中・高等学校
49号
開始ページ
31
終了ページ
41
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学附属中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
1344-4441
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧