このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15381
本文ファイル
著者
NDC
ドイツ語
抄録
本稿では,ドイツ語授業の拡張としての,インターネットを利用した自律学習について論じる。ヨーロッパ議会が2001年に公刊した学習レベルの基準に従えば,学習者が日常的な問題解決を行うことのできる最低限のレベルの到達に必要な学習時間数は最低約200時間である。しかし,大学における初習外国語としてのドイツ語の学習時間数は,週2回授業を受ける場合でもその2分の1以下しかない。したがって,インターネットを利用し授業外に安定した学習の場を提供することは,ドイツ語のような初習外国語の習得にとって決定的に重要な意味を持つ。本稿では,このような場の事例として,広島大学バーチャルユニバーシティ推進事業の中で筆者らが現在構築中のオンラインドイツ語講座を紹介するとともに,授業と自律学習を統合した学習環境を用意するe-Learning用ソフトWebCTの特徴と意義についても論じる。
抄録(英)
The topic of this paper is autonomous language learning on Internet as an enhanced German language class. According to the guideline of the Council of Europa 2001, it would take at least 200 learning hours to reach the lowest proficiency level at which the learner can manage to some extent in every-day situations. But having at most two classes per week, Japanese university students who are learning German as a new foreign language have less than half of the necessary time. Therefore, it would be a great plus for the acquisition of foreign languages like German if there were ample learning opportunities offered outsides the class. As one such instance, we introduce an on-line German course which the author is now developing in the framework of a virtual university project at Hiroshima University. In this context we also discuss the features and significance of WebCT as an authoring software for e-Learning.
掲載誌名
広島外国語教育研究
5号
開始ページ
9
終了ページ
17
出版年月日
2002-03-31
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
SelfDOI
言語
ドイツ語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧