このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50449
本文ファイル
別タイトル
日本の大学生の英語授業におけるFacebook の利用意識と利用状況 : その意味
著者
BINGË, Gavin
LAUER, Joe 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
HOUGHAM, Daniel
抄録
本研究では,日本人学生のFacebookに対する態度を調査するとともに,こうした代替ソーシャルネットワークプラットフォームを利用することによる言語学習への影響や授業での活用法についても調査した。本研究には,教育学部,法学部,工学部という英語を専門としない3つの学部の合計163名の日本人学生が2年間に渡り参加した。Facebookに対する態度のデータと実際の利用データは, 2つのアンケートによって収集された。その結果,多くの学生はグローバルで本格的なSNSを使った教室活動に価値を見出していたが,彼らの利用データと照らし合わせると,Facebookは必ずしも最良のプラットフォームとして選ばれていた訳ではないことが明らかになった。参加者のうち,今回のプロジェクト以外でFacebookを積極的に利用していると回答したのはわずか6%であった。他方,学生の回答によれば,約98%の学生はLINEを利用しており,73%の学生もYouTubeを頻繁に利用していた。更に,50%以上の学生がInstagramやTwitterを定期的に利用していた。本稿では,現在の文献を参考にしながら,これらの回答とその背景にある理由を詳細に検討した。
抄録(英)
This study examines not only Japanese students’ attitudes toward Facebook, but also the language learning implications and in-class teaching applications of utilizing alternative social network platforms. A total of 163 Japanese university students participated in the study, drawn across two years and from three non-English faculties, namely Education, Law, and Engineering. Attitudinal and usage data were collected via two questionnaires. It was found that many students did find global, authentic SNS classroom work to be valuable, but when mapped against their usage data, it was revealed that Facebook may not always be the best platform of choice. Only 6% of participants claimed to actively use Facebook outside of the current project, while approximately 98% of students stated that they use LINE, 73% use YouTube frequently, and more than 50% use Instagram and Twitter regularly. Drawing on current literature, the paper examines these responses in detail and the reasons behind them.
掲載誌名
広島外国語教育研究
24号
開始ページ
89
終了ページ
107
出版年月日
2021-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2021 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧