このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42612
本文ファイル
別タイトル
英語を学ぶ日本人学生は音素 /l/ の発音を簡単に取得できるか?
著者
Lauer, Joe 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
One of the most vexing aspects of learning English conversation for students in Japan seems to be mastering the phoneme /l/, and this study sets out to describe the linguistic phenomenon in detail. Just over 100 first-year college students in four conversation classes were recorded speaking in pairs over a three-month period—in pre-, mid-, and post-course tests. The /l/ frequency errors and linguistic environments were tabulated.

It was found that just 10.9% of all /l/s uttered in all environments were deemed unacceptable or non-nativelike. Students made significantly more errors on the pre-course test than on the mid- and post-course tests. But, when just two words which also appear in the Japanese language with katakana pronunciations—policy and complex —were eliminated from the pre-course test tabulations, the progress made by students during the course was not statistically significant. A final interesting finding was that /l/ was the hardest to pronounce when between vowels (eg., hello ) or in consonant clusters (eg., play). The classroom implications for teachers are described.
抄録(英)
日本人学生の英語会話学習において最も厄介な問題のひとつは音素 /l/ の発音習得であろう。本研究ではこの言語学的現象の詳細な記述を試みる。4つの会話クラスのあわせて100人あまりの大学1年生に対し,3ヶ月以上の期間にわたり,事前テスト,中間テスト,事後テストにおけるパートナー作業での発話を録音した。また,音素 /l/ の発音において頻繁に起こる誤りとその言語学的な出現環境の一覧を表の形でまとめた。

本研究により判明したのは,音素 /l/ の全出現環境における全発音の10.9%だけが容認できない,あるいは母語話者のようではないと判断されたことである。学生たちは,中間テストや事後テストに比較して事前テストにおいて明らかにより多くの誤りを犯している。しかし,日本語でもカタカナ表記で使われる「ポリシー」と「コンプレックス」という2語を事前テストの表から削除すると,統計的には授業期間中における学生の進歩は見られない。最後の興味深い発見は,音素 /l/ は母音の間(例:Hello)や子音連鎖の中に(例:play)現れる時,発音するのが最も難しいということである。授業を行う教員のための,本研究から得られた教育上の示唆についても記述した。
掲載誌名
広島外国語教育研究
20号
開始ページ
37
終了ページ
48
出版年月日
2017-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧