このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36838
本文ファイル
別タイトル
一分間即興スピーキングの効用に関する調査・研究 : ソフトウエアAudacityを用いて
著者
NDC
教育
抄録
本論文は,ソフトウエアAudacityを使用して,大学生のスピーキング力や英語を話す姿勢に対する一分間即興スピーキングの影響を調査・研究したものである。このソフトウエアを使用することによって,学習者自身がスピーキング実践後に自らの英語力を自省し,次の即興スピーキングパフォーマンスに向けて更なる練習及び準備をしていくことに繋がることが期待される。リサーチの質問内容は,スピーキング力と情意面に関する内容である。また自由記述によって,その時のパフォーマンスを更に自省して,次回のスピーキングに生かすようにしている。今回の研究では,最初と最後のデータ結果を比較して分析・検討を行った。  

その結果,以下の点が明らかになった。まず,Audacityの使用によって,学習者のスピーキング力や英語を話す姿勢に対して改善が見られた。とりわけ,全体的に文法力,流暢さ,内容の点で学習者の意識に改善が見られた。同様に,話すことに対する自信やスピーキング力に対しても学習者の意識は向上している。数量的分析の見地から見ると,語彙数や節数に関しても最初に行ったスピーキングパフォーマンスに比べて両方とも,最後の数値が格段に増加し,どちらも効果量大という結果(1%で有意差有)となっている。今回の研究を見る限り,Audacityを使用したスピーキングパフォーマンスの実践は,学習者の英語スピーキング力向上に大きく貢献していると考えられる。
抄録(英)
This research explores the effects of a series of seven one-minute impromptu speaking sessions, utilizing Audacity recording software, on university students’ speaking ability and attitude toward speaking English. Audacity can be used in the CALL classroom to monitor, record, and play back an entire speaking session; data can be collected simultaneously from all students. The software enabled students to reflect on their English performance after each practice session and prepare for the next impromptu speech. A questionnaire survey was conducted after each session to obtain data on speaking performance and affectivity. After recording their speeches and transcribing them on a worksheet, students responded to questionnaire items and noted their feelings on the same sheet.  

It was found that the repeated impromptu speaking practice using the software brought about an improvement both in the students’ speaking ability and their attitude toward speaking English. Specifically, the whole learner awareness of grammatical ability, fluency and content was enhanced. Likewise, the students’ self-confidence and speaking performance in the last speech were found to have improved, with students becoming less nervous about their speaking performance by being given more speaking practice opportunities. Also, the number of words and clauses produced increased significantly between the first and last speeches. Furthermore, students tended to reflect on their speaking performance more objectively after the last speech, particularly in terms of weakness in grammar and vocabulary.
掲載誌名
広島外国語教育研究
18号
開始ページ
153
終了ページ
164
出版年月日
2015-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧