このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34508
本文ファイル
別タイトル
学生の級友によるフィードバックと自己評価の振り返り
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,英語口頭発表能力の向上を目指した大学1年生を対象とした3つのコース(授業)で,学生に日常的に課された自己評価及び級友による評価に対するコメントを吟味することである。15週間にわたる授業の中で,学生は4回の「3分間口頭発表」と期末課題としての「5〜10分間口頭発表」に取り組んだ。それぞれの口頭発表に関して,学生は級友の発表についてフィードバックを書き,また,自分自身の発表について級友からのフィードバックを受け取った。それぞれのフィードバックに関して,どのような特徴(質)のコメントが学生にとって有益であると受け止められたかを探ってみた。学生自身によるそのような有益な特徴に関する認識は,多様な英語観におけるコミュニケーション能力とは何かを理解することを支援し,と同時に,言語運用能力を伸張するための現実的で到達可能なゴールに向かって努力し始めるきっかけを提供するものであると示唆された。
掲載誌名
広島外国語教育研究
16号
開始ページ
183
終了ページ
201
出版年月日
2013-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧