このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24806
本文ファイル
別タイトル
A Comparative Study on SNOW COUNTRY and its English Edition : Variable Use of Imagery
著者
李 国棟
張 雲
キーワード
側近視点
三人称主人公視点
「ようだった」
「ように」
「ような」
NDC
日本語
抄録(英)
This paper analyzes the sensuous expressions of SNOW COUNTRY written by Yasunari Kawabata.

There are many "ようだった" "ようであった" "ように" "ような" expressions in SNOW COUNTRY. This is an important feature which is controlling the Aide-Viewpoint (側近視点) and increasing the sensuality of the work. But the English Edition, which is translated from the Viewpoint of a third Person-Protagonist, has changed or cut 40.1% of them. Of course, these facts show an essential difference between SNOW COUNTRY and its English Edition, but at same time we can also interpret them in the following way: the sensuality of SNOW COUNTRY written in Japanese has 40.1% more than its English edition in the sphere of "ようだった" "ようであった" "ように" "ような". Here, we can find the distinctive feature of Yasunari Kawabata's work and gain an appreciation of Japanese literature.
掲載誌名
広島外国語教育研究
10号
開始ページ
35
終了ページ
46
出版年月日
2007-03-31
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
外国語教育研究センター
文学研究科
他の一覧