このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32066
本文ファイル
別タイトル
Caridean shrimps associated with the rhizostome jellyfish Netrostoma setouchiana in the central part of the Seto Inland Sea, Japan <Article>
著者
近藤 裕介
岩崎 貞治
林 健一
キーワード
エビクラゲ
共生
クラゲエビ
瀬戸内海
タコクラゲモエビ
根口類
Association
Chlorotocella gracilis
Latreutes mucronatus
Netrostoma setouchiana
Rhizostome
Seto Inland Sea
NDC
動物学
抄録
2010年9月1日に瀬戸内海中央部,竹原市沖合にて出現した2 個体のエビクラゲNetrostoma setouchianaの傘,口腕にコエビ類2種,タコクラゲモエビLatreutes mucronatus,クラゲエビChlorotocella gracilisが共生していた。同年,周辺海域において大型鉢クラゲ類ユウレイクラゲ,アカクラゲ,ミズクラゲの共生生物を調査したが,コエビ類の共生はエビクラゲのみから確認され,宿主特異性が高いことが判明した。共生個体数が多かったタコクラゲモエビの成長段階,性を査定した結果を報告する。
抄録(英)
Two types of caridean shrimp, Latreutes mucronatus and Chlorotocella gracilis, were associated with the rhizostome jellyfish Netrostoma setouchiana off Takehara City in the central part of the Seto Inland Sea on 1 September 2010. These shrimps have never before been seen with other scyphomedusae such as Cyanea nozakii, Chrysaora melanaster, or Aurelia sp. in the neighboring waters, indicating a high host-specificity of the shrimp to N. setouchiana.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
3号
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2011-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2011 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
生物圏科学研究科
他の一覧