このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48823
本文ファイル
別タイトル
Age and growth of the Naru eagle ray, Aetobatus narutobiei, off Sanyo-Onoda City, in the western Seto Inland Sea
著者
島本 文
泥谷 明子
民法 紗希
山崎 大海
和西 昭仁
坂井 陽一 大学院生物圏科学研究科 広大研究者総覧
橋本 博明
キーワード
ナルトビエイ
年齢・成長
Bertalanffy の成長式
系統群
Naru eagle ray
Aetobatus narutobiei
Age and growth
von Bertalanffy growth equation
Subpopulation
抄録
21世紀に入って九州有明海と瀬戸内海西部域はナルトビエイAetobatus narutobiei が大きな集団で出現し貝類等に大きな食害をもたらした。本報告は瀬戸内海西部海域にある山陽小野田海域での2004年より約10年間研究調査により同種の年齢と成長についてまとめたものである。有明海での成長研究の結果と比較したところ,有明海と瀬戸内海西部のナルトビエイ個体群には差異がみとめられ,それぞれ別の系統群として分化する過程にあるのかもしれない。
抄録(英)
Since the beginning of the 21st century, the Naru eagle ray, Aetobatus narutobiei, has distributed in the Ariake Sound and the western Seto Inland Sea. Bivalve populations in both sea areas have decreased sharply as a result of predation by the eagle ray. We conducted ecological study on this eagle ray in the western Seto Inland Sea from 2004 to 2013. In this paper age and growth of the Naru eagle ray in the western Seto Inland Sea was reported. Comparing our results with data on the growth patterns in the Ariake population, it seems that both eagle ray subpopulations of the Ariake Sound and the western Seto Inland Sea are separating biologically together.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
11号
開始ページ
15
終了ページ
24
出版年月日
2019-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
統合生命科学研究科
生物圏科学研究科
他の一覧