このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28716
本文ファイル
別タイトル
Consideration on the Pair of Shachihoko pasted with Gold Foil, Excavated from the Hiroshima Castle <Article>
著者
キーワード
鯱瓦
広島城
城郭
桃山時代
shachihoko
hiroshima castle
castle
Momoyama period
NDC
建築学
抄録
鯱は頭が龍(もしくは虎)で体が魚という想像上の霊獣で, 火伏せの霊験をもつという。鯱は鎌倉時代に唐様建築とともに中国から伝来したもので, 寺院本堂内の厨子の大棟などに木製のものが用いられた。城郭建築で鯱を用いた初例は, 天正四年(1576)築城開始の織田信長の安土城と考えられる。

ところで, 平成二十年(2008)十二月に広島市に所在する広島城三の丸跡の井戸から, 目・耳・牙・鰭など部分的に金箔を押した鯱瓦が, ほとんど完全な形で出土した。全体や細部の形状から毛利氏時代の十六世紀末期に制作されたと考えられる。完形品としては現存最古の鯱瓦で, 安土城に初めて鯱瓦が用いられてから間もない時期に制作されたもので, 初期の鯱瓦の形状を知る上で貴重な事例と言える。

また完形品であるため, 今後, 発掘調査などによって同時期の鯱瓦片が見つかった際に, 部位の同定や年代の推定を行うための基準になるもので, その価値は高い。
抄録(英)
A shachihoko is an imagination animal with dragon (or tiger) head and the fish body. The figure of shachihoko was transmitted from China in Kamakura period with the architectural style karayo, and the wooden ones were used on the top of the roof of zushi (a miniature of Buddhist architecture to enshrine a Buddhist image). Oda Nobunaga used shachihoko made of tile to the buildings of a castle for the first time in Aduchi in 1576.

By the way, a pair of shachihoko that were not broken were excavated from the well of the Hiroshima castle in December, 2008. They were pasted with gold foil on eyes, ears, fangs, fins and so on. It is thought from the whole shape and the details that they were produced at the end of the 16th century. They are valuable to know the initial shape of shachihoko, because they are the oldest shachihoko in almost complete shape.

In addition, they are valuable as the standard to identify of the part and presume at the age, when splinters of tile are excavated.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
1号
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
総合科学研究科
他の一覧