このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 482
本文ファイル
著者
NDC
教育
内容記述
高等学校1年生総合理科の課題研究として「空気抵抗のある物体の落下運動」を取り扱った。課題研究に人る前に, 素朴概念についての調査を行なった。その結果, 生徒は空気抵抗は物体の質量には関係せず, 物体の大きさによって決定すると考えており, 物体に運動についても, 重力との合力で考察することができず「空気抵抗が大きなものほどゆっくりと落ちる。」という結論を持っていることが分かった。調査結果を生徒に示し, 空気抵抗の特徴の仮説を班討議させ, 実験で検証した。実験で使用したコンピュータを利用した計測装置は自作した。予備調査, 仮説の設定, 実験, まとめという流れの各段階で討議を繰り返すことで, 生徒の興味関心が高まり, 科学的態度の育成へとつながったと考えられる。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
36巻
開始ページ
59
終了ページ
67
出版年月日
1996-03-11
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧