このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47692
本文ファイル
別タイトル
Japanese filler “Maa” in university lectures
著者
柳澤 浩哉 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
馮 文彦
キーワード
まあ
フィラー
大学講義
自然会話
抄録(英)
We analyzed the usage of the Japanese filler “Maa” in university lectures and found that it is concentrated when the speaker talks about his (her) own experience or opinion. The subject of this thesis is to explore why “Maa” is concentrated around when the speaker is talking about themselves. In order to understand this topic, we used natural conversation as a reference. As a result, we found that speakers are resistant to telling their own stories in their lectures, and the tension they feel at this time makes them use “Maa”.
掲載誌名
広島大学日本語教育研究
29号
開始ページ
9
終了ページ
16
出版年月日
2019
出版者
広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座
ISSN
1347-7226
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧