このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24835
本文ファイル
別タイトル
Therapeutic jurisprudence : implications for judging (1) <Translation>
著者
ブルックバンクス ウォーレン
荻野 太司
NDC
法律
内容記述
ここに訳出するのは、ニュージーランド・オークランド大学ロースクールのウォーレン・ブルックバンクス教授による論文(Warren Brookbanks, Therapeutic jurisprudence: implications for judging, The New Zealand Law Journal, December 2003, pp463-472)である。同論文は、ロトルアで行われた地方裁判官会議(District Court Judges' Conference)におけるブッルクバンクス教授の講演の原稿をもとに加筆修正し、 The New Zealand Law Journal (LexisNexis)に掲載したものである。本訳稿は、ブルックバンクス教授の了解を得て、これを訳出したものである。
掲載誌名
廣島法學
31巻
2号
開始ページ
210
終了ページ
199
出版年月日
2007-10-31
出版者
広島大学法学会
ISSN
0386-5010
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧