このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24679
本文ファイル
Thumnail 53-0548.pdf 721 KB
別タイトル
マダイの成長,飼料利用率に及ぼす飼料添加物としてのAscophyllumとSpirulinaの効果
著者
Mustafa, Md. Ghulam
Takeda, Taka-aki
Wakamatsu, Shigeru
Nakagawa, Heisuke
キーワード
algae
feed additive
growth
feed utilization
Pagrus major
red sea bream
飼料添加物
成長
飼料利用率
Pagrus major
マダイ
Ascophyllum
Spirulina
NDC
水産業
抄録
養魚飼料への藻類添加は生理状態の向上に有効であることが明らかにされているので、本研究ではマダイについて Ascophyllum と Spirulina の効果をみた。対照区には配含飼料に5%のセルロース、Ascophyllum 区、Spirulina 区にはそれぞれ藻類の粉末を5%添加した。初期体重85gのマダイ1年魚を77日間飼育し、成長、飼料利用率、生物学的性状、体成分に及ぼす効果をみた。いずれの藻類の添加においても成長、飼料効率、タンパク質効率、筋肉タンパク質蓄積量が向上し、筋肉成分では脂質蓄積量に増加がみられた。Spirulina の投与では悪影響は認められず、各項目においてAscophyllum より優れた効果を示し、これまでに報告された藻類に匹敵するか、もしくはそれ以上の効果を示した。
抄録(英)
Following up on findings that algae as feed additives improve the physiological condition of cultured fish, the efficacy of Aseophyllum and Spirulina as feed additives was investigated in one year old red sea bream, Pagrus major (ca. 85 g in body weight). Control feed was supplemented with 5% cellulose. In experimental feeds, cellulose was replaced by 5% algae meal. These feeds were provided for 77 days and the effects on growth, feed utilization, and body composition were monitored. Feeding on both Ascophyllum and Spirulina elevated growth rates and improved feed conversion efficiency, protein efficiency ratio, and muscle protein deposition without negative effects. Spirulina showed the most pronounced effects on growth and feed utilization, compared to those macroalgae which have been tried so far.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
2号
開始ページ
125
終了ページ
132
出版年月日
1994-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧