このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23512
本文ファイル
Thumnail 46-1599.pdf 1.24 MB
別タイトル
Lipid Accumulation of the Larval Red Sea Bream, Paerus major
著者
高場 稔
中川 平介
NDC
水産業
抄録
広島県栽培漁業センターにおいて集約的に生産された放流用マダイ幼魚のエネルギー蓄積器官の発達過程を生物学的および生化学的手法で観察した。1) 摂餌が開始する孵化後6日目(全長2.3mm)の後期仔魚期の肝臓にPAS陽性の物質が認められた。孵化後31日(8.0mm)の肝臓にはGlycogenの蓄積がみられ、68日目(30mm)の稚魚に腹腔内脂肪組織の形成が認められた。2) 孵化後26日目の消化器官では食道と胃の分化が明確となり、31日目まで飲食作用による消化級収がみられたが、41日目では飲食作用は消失し、成魚の消化吸収機能への移行がみられた。3) 筋肉、肝臓、腹腔内脂肪組織の生化学的性状から、体長約40mmで貯蔵脂質の蓄積が一定となり、この段階でエネルギー蓄積機能が完成するものと推定された。成長と共に筋肉Triglyceridesを構成する脂肪酸のC16やC18:1に増加が認められた。
抄録(英)
The larval red sea bream produced in Hiroshima-ken Fish Farming Center were examined histologically and biochemically in reference to energy accumulation. 1) PAS-positive substances appeared in liver at the 6th day after hatching (total length 2.3 mm). Glycogen initiated to be accumulated in liver at 31st day (8.0 mm), but lipid deposition was not found in the liver at the 41st day (12.7 mm). The formation of intraperitoneal fat body was found at the 68th day (30 mm) after hatching. 2) Qualitative and Quantitative measurements of lipid in muscle, liver, and intraperitoneal fat body exhibited that accumulation of triglycerides became constant at the stage of 45 mm in body length. The stage would correspond to accomplishment of lipid storage which could be mobilized as energy sources. With the progress of growth, fatty acids such as C16 and C18:1 increased in muscle triglycerides.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
29巻
2号
開始ページ
117
終了ページ
125
出版年月日
1990-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧