このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28945
本文ファイル
別タイトル
Causes and Consequences of the Recent Jellyfish Bloom in East Asian Coastal Waters
著者
キーワード
ミズクラゲ
エチゼンクラゲ
クラゲスパイラル
東アジア沿岸域
沿岸環境
NDC
動物学
抄録
世界各地の海域でクラゲ類の大量出現や現存量の増加が報告されているが, 日本, 韓国, 中国を含む東アジアの沿岸海域でも同様なクラゲ類の増加現象が起こっている, 瀬戸内海における最近20年間のミズクラゲの現存量増加と環境や漁獲量の経年変動を, 漁業者からの聞き取りなどにより調査した結果, 特に最近10年間のミズクラゲの増加が顕著で, それに伴い漁業被害が急増したとのことであった. 魚類資源の乱獲, 温暖化, 埋立などによる海岸地形の改変, 富栄養化などが複合して, クラゲ類の増加, 即ち「クラゲスパイラル」, を引き起こしている可能性がある. また, 近年日本海沿岸ではエチゼンクラゲが大量出現し, 大きな漁業被害をもたらしている, 本種の本来の生息域である渤海, 黄海, 東シナ海でも, 瀬戸内海と同様な環境変化が進行しており, 同海域も「クラゲスパイラル」現象が起こっている可能性が高い. 海域がひとたび「クラゲスパイラル」に陥ると, そこからの回復は容易ではないだろう.
抄録(英)
There is concern that gelatinous zooplankton such as cnidarians and ctenophores are becoming more prevalent in various regions around the world, including the coastal waters of East Asia. In the Inland Sea of Japan, poll results from 1152 fishermen with >20-year-experience demonstrate that the common jellyfish Aurelia aurita population has increased in the last 20 years, extensively so in the last 10 years, and during the same time the period as medusa has been elongated (in extreme cases, there are even over-wintering medusae). The combined effects of factors such as overfishing, global warming, waterfront construction and eutrophication may be responsible for the increase of the A. aurita population, i. e. the so-called jellyfish spiral process. A similar mechanism may also be responsible for the recent blooms of Echizen jellyfish Nemopilema nomurai in extended East Asian coastal waters (i. e. the Bohai, Yellow, East China and Japan Seas). Should the ecosystem fall into a jellyfish spiral, the recovery of finfish populations would not be easy.
掲載誌名
沿岸海洋研究
43巻
1号
開始ページ
13
終了ページ
17
出版年月日
2005-08
出版者
日本海洋学会沿岸海洋研究部会
ISSN
1342-2758
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2005 日本海洋学会 沿岸海洋研究部会
部局名
生物圏科学研究科