このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19807
本文ファイル
別タイトル
A consideration for condition analysis with pit pattern of endoscope image
著者
弘田 昌士
キーワード
大腸拡大内視鏡
pit pattern
watershed法
医用画像処理
NDC
電気工学
医学
抄録
医療の分野において,大腸の拡大内視鏡を用いた病状レベル推定を行うシステムが要望されている.大腸管腔内への腺管の開口部の形態をpit patternと呼び,これは内視鏡診断の際に組織診断を推定する基準とされている.そこで本論文ではpit patternを画像から抽出し,その特徴量を算出することで病状レベルの推定を行う手法について述べる.大腸観察の際には病変部を染色しpit patternを強調する.そこで,画像中の色エッジを抽出し,watershed法を用いて領域分割を行いpit patternを抽出する.各pit patternの特徴量を算出し,病状レベルとの相関について検討する.
抄録(英)
Diagnosis system of condition level with an endoscope of large intestines is demanded in the field of medical treatment. The form of opening of duct of the gland in a large intestines lumen is called pit pattern, and this is used for an organizational diagnosis with an endoscope. In this paper we consider a method for analysing pit pattern from endoscope image. Pit pattern is extracted by color edge of image, and watershed segmentation. Feature of the extracted pits are examined to find correlation between the condition level and the features.
掲載誌名
MIRU 2007 画像の認識・理解シンポジウム論文集
開始ページ
1390
終了ページ
1395
出版年月日
2007-07
出版者
画像情報フォーラム
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 画像情報フォーラム
関連情報URL
部局名
工学研究科
医歯薬学総合研究科