このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34530
本文ファイル
別タイトル
First Record of Albino Grass Puffer, Takifugu niphobles (Tetraodontidae), Based on Specimen from Seto Inland Sea in South-Western Japan <Article>
著者
重田 利拓
小畑 泰弘
星野 浩一
岡本 裕之
正岡 哲治
キーワード
アルビノ
クサフグ
瀬戸内海
フグ科
Takifugu niphobles
Albino
grass puffer
Seto Inland Sea
Tetraodontidae
NDC
動物学
抄録
2011年11月に瀬戸内海の山口県周防灘でアルビノのクサフグTakifugu niphobles 1標本が採集された。全長164.6mm,体長133.9mm,雄の成魚で,体色は淡黄色,瞳孔は黒色を呈する。肥満度は106.6%,生殖腺重量指数は0.75%を示した。精巣組織像より,生殖年周期における精巣の成熟段階は,後繁殖期から精原細胞増殖期への移行段階であった。本報は標本に基づく,クサフグのみならずフグ科におけるアルビノの初記録である。
抄録(英)
A single albino specimen of the grass puffer, Takifugu niphobles (Tetraodontidae), was collected from the Suonada Sea, western Seto Inland Sea, Japan in November 2011. This specimen was an adult male of 164.6 mm TL and 133.9 mm SL. Its body was pale yellow, but the eyes were black. The condition factor and the gonadosomatic index were 106.6% and 0.75%, respectively. Histologically the testis was identified at the post-spawn stage. The specimen represents the first record of an albino in the world not only for T. niphobles but also for the family Tetraodontidae.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
4号
開始ページ
13
終了ページ
21
出版年月日
2012-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
他の一覧