このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30184
本文ファイル
別タイトル
On freak minor octopus, Octopus minor, found out in Imabari Fish Market, Ehime Prefecture
著者
東出 遼介
橋本 博明
キーワード
Octopus minor
奇形
交接腕
水ぶくれ個体
瀬戸内海
freak
hectocotylized arm
blister
the Seto Inland Sea
NDC
動物学
抄録
2006年5月, 2007年4月と同6月に愛媛県今治漁業協同組合魚市場で体形が異常なテナガダコOctopus minorの雄3個体が採取された。通常雄は右第Ⅲ腕のみが交接腕であるが, 2006年の1個体はさらに左第Ⅲ腕も交接腕になっており, 奇形と思われた。また2007年の2個体は全体的に"水ぶくれ"状態であるが衰弱し, 特に腕部は水のような透明な液体を内包して萎縮状態であった。これは繁殖産卵を終えた死滅前の病理的な現象ではないかと思われた。
抄録(英)
The three male freak minor octopus, Octopus minor were found out on Fish Market of Imabari Fisheries Cooperative, Ehime Prefecture, Japan. One of them was the octopus landed on May 25, 2006, which had two hectocotilized arms on both of the third right and left, though male octopus usually has only one hectocotilized arm on the third right arm. It was seemed to be arisen from the abnormal generation. Another ones were landed on the Fish Market on April 16 and June 26, 2007, respectively. Both of them blistered and their body muscle shrank. This octopus species is regarded to be one year lived. It was seemed that they were under abiotrophy before the death of old age after spawning. The occurrence of freak minor octopus, Octopus minor was thought to be rare phenomenon.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
46巻
開始ページ
15
終了ページ
19
出版年月日
2007-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧