このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32411
本文ファイル
別タイトル
Soluble Mesothelin-related Peptides (SMRP) as a Biomarker for Malignant Pleural Mesothelioma
著者
平島 智徳
福岡 和也
樋田 豊明
河原 邦光
岸本 卓巳
松村 晃秀
中野 喜久雄
中野 孝司
キーワード
悪性胸膜中皮腫
メソテリン
SMRP
バイオマーカー
Malignant pleural mesothelioma
Mesothelin
Soluble mesothelin-related peptides
Biomarker
NDC
医学
抄録
悪性胸膜中皮腫はアスベスト曝露に起因する難治性悪性腫瘍であり,我が国においては2030年まで増加し続けることが予測されている.これまで,悪性胸膜中皮腫のバイオマーカーについての検討は少なく,補助診断あるいは治療効果や予後予測に際して有用かつ信頼できるバイオマーカーはなかった.今回,我々は,悪性胸膜中皮腫診断における可溶型メソテリン関連蛋白(SMRP: soluble mesothelin-related peptides)のバイオマーカーとしての意義を前向きの多施設共同研究で検討した.本稿では,悪性胸膜中皮腫に関する知見,治療法,および診断のためのバイオマーカーについて特に重要な論文を中心にレビューし,さらに,我々が行った前向きの多施設共同研究の結果の一部を報告する.
抄録(英)
Malignant pleural mesothelioma (MPM) is a highly aggressive, incurable neoplasm associated with asbestos exposure. It is estimated that the incidence of this disease will continue to increase until at least the year 2030 in Japan. There is some evidence that patients with MPM respond better to treatment if it is delivered early in the disease. A few MPM biomarkers have been reported, but until recently, no reliable serum marker to help the diagnosis of MPM or to predict response to treatment or prognosis, had been identified. Therefore, we performed a prospective, multicenter study to evaluate the significance of soluble mesothelin-related peptides (SMRP) as a biomarker for diagnosis of MPM. In this paper, we review the key advances in the understanding, treatment, and a biomarker for the diagnosis of MPM. Furthermore, we report some results of a prospective, multicenter study.
掲載誌名
肺癌
49巻
4号
開始ページ
380
終了ページ
385
出版年月日
2009-08-20
出版者
日本肺癌学会
ISSN
0386-9628
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 日本肺癌学会
関連情報URL(IsVersionOf)
http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.JSTAGE/haigan/49.380
部局名
原爆放射線医科学研究所