このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29025
本文ファイル
別タイトル
Development of joints in the Sandankyo Area, Hiroshima Prefecture, Southwest Japan <Articles>
著者
林 隆也
中井 真一
津島 淳生
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録(英)
Joints are markedly developed in the acidic welded tuff of the Sandankyo Area, Hiroshima Prefecture, Southwest Japan. Six sets of joint are distinguished in this area, namely N-S set, NESW set, NNE-SSW set, NW-SE set, NNW-SSE set, and horizontal set. It is considered that NESW, NNE-SSW, NW-SE, and NNW-SSE sets of joint were formed by the simple shear due to NE-SW strike-slip faulting with right-lateral shear sense. Detailed microscopy shows that N-S and NE-SW sets of joint contain narrow quartz vein with newly recrystallized muscovite, and cut by the other sets. This suggests that, preceding the NE-SW faulting, WNW-ESE extention accompanied with granite porphyry intrusion formed N-S and NE-SW sets of joint.
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. II, 環境科学研究
4巻
開始ページ
23
終了ページ
33
出版年月日
2009-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7696
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学大学院総合科学研究科
部局名
総合科学研究科
生物圏科学研究科
他の一覧