このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30223
本文ファイル
別タイトル
オゼルナヤ川水系のベニザケとオショロコマの寄生虫調査
著者
Urawa, Shigehiko
Dubinin, Vladimir A.
キーワード
ベニザケ
オショロコマ
親魚
寄生虫
粘液胞子虫類
Myxobolus arcticus
線虫類
Philonema oncorhynchi
Anisakis simplex
橈脚類
Salmincola carpionis
内臓癒着
オゼルナヤ川
クリル湖
NDC
動物学
抄録
1992年8月にオゼルナヤ川水系でベニザケとオショロコマの寄生虫調査を実施した. クリル湖の流出口に近いオゼルナヤ川で採集したベニザケ成熟魚は,脳と脊髄に粘液胞子虫類のMyxobolus arcticus, 腹腔内に線虫類のPhilonema oncorhynchiの寄生を受けていた. ベニザケには軽い内臓癒着症を呈した個体があり, それは雄魚だけに認められた. Myxobolus arcticusの寄生は, クリル湖に流入するビチェンキア川で採集したオショロコマの脳にも認められた. ベニザケとオショロコマから得たMyxobolus arcticusの胞子の計測値は, 北海道(日本)やブリティッシュ・コロンビア州(カナダ)のベニザケから得たMyxobolus arcticusの胞子の計測値とほぼ同じであった. オショロコマは, 口腔壁にカイアシ類のSalmincola carpionis, 腹腔内に線虫類のAnisakis simplex(第3期幼虫)の寄生を受けていた.
抄録(英)
Adult sockeye salmon Oncorhynchus nerka from the Ozernaya River near the outlet of Lake Kuril were infected with Myxobolus arcticus (Myxozoa) in the brain and spinal cord and with Philonema oncorhynchi (Nematoda) in the peritoneal cavity. Some of these sockeye salmon were affected by light visceral adhesions. This pathological condition was found in male fish only. Myxobolus arcticus was also found in the brain of adult Dolly Varden Salvelinus malma from a river flowing into Lake Kuril. There was no substantial difference in spore measurement of M. arcticus from salmonids among Kamchatka (Russia), Hokkaido (Japan), and British Columbia (Canada). The Dolly Varden carried Salmincola carpionis (Copepoda) on the roof and floor of the buccal cavity and Anisakis simplex (third-stage larvae) (Nematoda) on the viscera.
掲載誌名
北海道さけ・ますふ化場研究報告
48号
開始ページ
17
終了ページ
21
出版年月日
1994-03
出版者
水産庁北海道さけ・ます・ふ化場
ISSN
0441-0769
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1994 独立行政法人水産総合研究センター さけますセンター
関連情報URL(IsVersionOf)
http://salmon.fra.affrc.go.jp/kankobutu/srhsh/data/srhsh357.htm
部局名
生物圏科学研究科