このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32046
本文ファイル
別タイトル
Shrimps and lobsters from the continental slope of the East China Sea
著者
山本 圭介
キーワード
shrimps
lobsters
fauna
continental slope
East China Sea
NDC
動物学
抄録
1993年9月に東シナ海大陸斜面域で着底トロールを用いて11科32種のエビ類を採集した.ヒゲナガエビが最も多く採集され,これにツノナガチヒロエビとアワトゲヒラタエビが続いた.科毎の出現種数はタラバエビ科(7種)が最多であった.分布の中心となる水深帯は科毎に異なっていた.ミツトゲチヒロエビは我が国における2番目の記録であった.また,ソリハシヒメクダヒゲエビ,ボタンエビ,オキナエビ属の2種(サガミオキナエビとヤサオキナエビ)が東シナ海から初めて記録された.
抄録(英)
The specimens of shrimps and lobsters collected from the continental slope of the East China Sea using a bottom trawl net in September 1993 contained 32 species in 11 families (Solenoceridae-2; Aristeidae-5; Penaeidae-2; Oplophoridae-3; Nematocarcinidae-1; Pasiphaeidae-2; Psalidopodidae-1; Pandalidae-7; Glyphocrangonidae-2; Polychelidae-3; Nephropidae-4). The pandarids were the most specious. Haliporoides sibogae was most abundantly collected, followed by Aristeus virilis and Glyphocrangon perplexa. The vertical distribution patterns were different between families. The collection of Plesiopenaeus armatuswere represents the second record from Japan. Hymenopenaeus halli, Pandalus nipponensis, Nephropsis serrata and N.holthuisi were collected for the first time from the East China Sea.
掲載誌名
日本生物地理学会会報
66巻
開始ページ
27
終了ページ
39
出版年月日
2011-12-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
0067-8716
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2011 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科