このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39892
本文ファイル
別タイトル
養殖カワハギとウマヅラハギに寄生していたカイアシ類Peniculus minuticaudae
著者
Fukuda, Yutaka
Tanaka, Shinji
キーワード
aquaculture
black scraper
Copepoda
fish parasite
Peniculus minuticaudae
Stephanolepis cirrhifer
Thamnaconus modestus
threadsail filefish
ウマヅラハギ
カイアシ類
カワハギ
魚類寄生虫
水産養殖
NDC
動物学
抄録
三重県南伊勢町地先の北太平洋で養殖されていたカワハギStephanolepis cirrhifer および大分県佐伯市上浦地先と蒲江地先の豊後水道でそれぞれ養殖されていたカワハギとウマヅラハギThamnaconus modestusの鰭から寄生性カイアシ類Peniculus minuticaudae Shiino, 1956の雌成虫を採集した。これは本寄生虫の養殖魚類および養殖カワハギ・ウマヅラハギからの初記録であるとともに,養殖魚類にペンネラ科カイアシ類の寄生を認めた2度目の事例である。本寄生虫は胸鰭と第2背鰭に多く見られ,次いで尾鰭と臀鰭の順に多く寄生していた。
抄録(英)
Female adult specimens of the pennellid copepod Peniculus minuticaudae Shiino, 1956 were collected from the fins of two species of monacanthid fishes, threadsail filefish (Stephanolepis cirrhifer) and black scraper (Thamnaconus modestus), cultured in floating cages in Japan. These collections represent the first records of P. minuticaudae from farmed marine fishes as well as the first records of this copepod species from farmed S. cirrhifer and T. modestus. The finding of P. minuticaudae in this study is also the second record of pennellid copepods from maricultured fishes. Both the pectoral fins and the second dorsal fin were most heavily infected, followed by the caudal fin and the anal fin.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
50巻
開始ページ
43
終了ページ
47
出版年月日
2011-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧