このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34527
本文ファイル
別タイトル
日本周辺海域におけるアニサキス科線虫 Contracaecum osculatum sensu lato とC. osculatum A の生物学 : 総説
著者
キーワード
Anisakidae
Contracaecum osculatum A
Contracaecum osculatum sensu lato
Nematoda
parasite
pinnipeds
Theragra chalcogramma
アニサキス科線虫
寄生虫
スケトウダラ
鰭脚類
NDC
動物学
抄録
わが国周辺海域の魚類や鰭脚類にそれぞれ幼虫や成虫が寄生するアニサキス科線虫のContracaecum osculatum sensu lato とC. osculatum A の生物学的知見を纏めた。わが国では1998年にC. osculatum A が見出されるまでは,近年C. osculatum s. l. とされる線虫が型を付した名前や単にC. osculatum として報告されてきた。これまでにC. osculatum s. l. はオキアミ類1種,海産魚類13種,鰭脚類6種から記録され,C. osculatum A はスケトウダラとアゴヒゲアザラシに見出されている。C. osculatum s. l. の幼虫はスケトウダラとマダラ,特に前者によく寄生している。C. osculatum s. l. の幼虫を実験的に子犬に感染させると腸粘膜に穿入するため,人間の消化管壁にも穿入する可能性があり,実際にわが国で人体寄生例が2例知られる。
抄録(英)
The paper reviews the biology of Contracaecum osculatum sensu lato and C. osculatum A, a member of the C. osculatum complex, parasitic in marine finfishes as larvae and in pinnipeds as adults in Japanese waters. Before C. osculatum A was discovered in 1998, larval nematodes identifiable as C. osculatum s. l. had been reported as various types of Contracaecum or C. osculatum. To date, larval and adult C. osculatum s. l. have been recorded from 13 species of teleosts and six species of pinnipeds, respectively, and there is a record of larval C. osculatum s. l. from euphausids. Larval and adult C. osculatum A are known from Alaska pollock Theragra chalcogramma and bearded seals Erignathus barbatus, respectively. Larval C. osculatum s. l. are commonly found in commercially important gadid fishes, especially in Alaska pollock. Two cases of human infection with C. osculatum s. l. have been reported in Hokkaido. Since larval C. osculatum s. l. can invade the intestinal mucosa of experimentally infected puppies, the larvae have the potential to penetrate the wall of the human digestive canal.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
51巻
開始ページ
61
終了ページ
69
出版年月日
2012-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧