このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34525
本文ファイル
別タイトル
Argulus japonicus Thiele (Crustacea: Branchiura) from Kyushu, western Japan,with a note on its heavy infection of koi carp (Cyprinus carpio) and Japanese crucian carp (Carassius cuvieri)
著者
村瀬 拓也
柳 宗悦
前野 幸二
キーワード
エラオ類
魚類寄生虫
ゲンゴロウブナ
コイ
新産地記録
チョウ
Argulus japonicus
Argulus japonicas
Branchiura
Carassius cuvieri
Cyprinus carpio
fish parasite
new locality record
NDC
動物学
抄録
鹿児島県内で飼育されていたコイ Cyprinus carpio と斃死したコイ(ニシキゴイ),貯水池で採集した野生コイ,中岳ダム湖で斃死した野生ゲンゴロウブナ Carassius cuvieri の体表にエラオ類の寄生を確認し,それらをチョウ Argulus japonicus Thiele, 1900に同定した。これは,九州におけるチョウの初記録である。ニシキゴイとゲンゴロウブナにおけるチョウの寄生数は,それぞれ1尾当たり720個体と100個体以上に及び,両魚種の斃死に関与した可能性がある。
抄録(英)
Specimens of Argulus japonicus Thiele, 1900 were collected from the body surface of the following cyprinids in Kagoshima Prefecture, Kyushu, western Japan: one and two live common carp (Cyptinus carpio) from a hobbist's pond and a reservoir in July 2007 and June 2012, respectively; a freshlydead koi carp (C. carpio) from a hobbist's pond in September 2011; and three freshly-dead Japanese crucian carp (Carassius cuvieri) from the Nakadake Dam Reservoir in June 2010. These collections represent the first records of A. japonicus from Kyushu Island. As many as 720 and more than 100 A. japonicus were found on the koi carp and each of the Japanese crucian carp, respectively. In the Nakadake Dam Reservoir, more than 1,000 Japanese crucian carp were found dead in early and mid-June 2010. It seems that the koi carp and the Japanese crucian carp were killed by the heavy infection of A. japonicus.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
51巻
開始ページ
15
終了ページ
20
出版年月日
2012-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧