このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39893
本文ファイル
別タイトル
大分県で養殖されていたブリ属魚類から得られたウオジラミ属カイアシ類2種
著者
Fukuda, Yutaka
キーワード
aquaculture
Caligus lalandei
Caligus spinosus
Copepoda
fish parasite
Seriola lalandi
Seriola quinqueradiata
カイアシ類
魚類寄生虫
水産養殖
NDC
動物学
抄録
大分県豊後水道沿岸域で養殖されていたヒラマサSeriola lalandiの鰓からブリウオジラミCaligus spinosus Yamaguti, 1939,ブリS. quinqueradiataの体表からモジャコウオジラミCaligus lalandei Barnard, 1948を採集した.ブリウオジラミの寄生がわが国のヒラマサに初めて確認された.
抄録(英)
Two species of copepods of the caligid genus Caligus were found parasitic on amberjacks cultured in the Bungo Channel off the coast of Oita Prefecture, Kyushu, western Japan. They are Caligus spinosus Yamaguti, 1939 from the gills of yellowtail amberjack (Seriola lalandi), and Caligus lalandei Barnard, 1948 from the body surface of Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata). This is the first confirmed record of C. spinosus from S. lalandi in Japan.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
50巻
開始ページ
49
終了ページ
53
出版年月日
2011-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧