このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39873
本文ファイル
別タイトル
養殖海産魚におけるマツイウミチョウの記録
著者
Fukuda, Yutaka
キーワード
Argulus matuii
Argulidae
Branchiura
bastard halibut
Paralichthys olivaceus
fish parasite
fish disease
マツイウミチョウ
チョウ科
エラオ類
ヒラメ
魚類寄生虫
魚病
NDC
動物学
抄録
1992年6月に大分県佐伯市大入島白浜地先の佐伯湾(豊後水道)で養殖されていたヒラメ Paralichthys olivaceus 1尾の尾鰭と尾柄部にエラオ類の1種が4個体寄生していた。それらエラオ類の標本は紛失したが,写真に記録された外部形態から,これらはマツイウミチョウArgulus matuii Sikama, 1938に同定された。これは,マツイウミチョウの2度目の記録であると同時に,養殖海産魚からのマツイウミチョウの初記録である。ヒラメは新宿主である。1980~1997年の18年間に大分県沿岸で実施された魚病診断で57種8,165尾の養殖海産魚を検査したが,エラオ類の寄生は本例を含む3例のみであった。このことから,大分県の養殖海産魚ではエラオ類は極めて稀な寄生虫であると示唆された。
抄録(英)
Four specimens of crustacean parasite were collected from the caudal fin and caudal peduncle of a bastard halibut Paralichthys olivaceus (Temminck and Schlegel) cultured in Saiki Bay, the western Bungo Channel (western North Pacific), off Shirahama, Oh-nyu Island, Saiki, Oita Prefecture, Japan in June 1992. The specimens were lost but one of them was identified as the argulid branchiuran Argulus matuii Sikama, 1938, based on its morphological characters recorded on a photograph of the whole body. This finding represents the first record of A. matuii from farmed marine fishes. P. olivaceus is a new host for A. matuii. A total of 8,165 specimens belonging to 57 species of marine fishes cultured in coastal waters of Oita Prefecture were examined for parasitic diseases for 18 years from 1980-1997, but only three cases of argulid infection, including the present case, were found, indicating that argulids are very rare parasites in finfish mariculture in this prefecture.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
48巻
開始ページ
37
終了ページ
41
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧