このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39865
本文ファイル
別タイトル
九州で養殖されていたブリに見られたヒダビルの寄生
著者
Fukuda, Yutaka
キーワード
Limnotrachelobdella okae
fish leech
Piscicolidae
amberjack
Seriola quinqueradiata
fish disease
ヒダビル
ウオビル類
ブリ
魚病
NDC
動物学
抄録
2001年1月に大分県津久見市四浦地先の津久見湾で養殖されていたブリSeriola quinqueradiataの体表にヒダビルLimonotrachelobdella okaeの寄生を認めた。1984~1986年と1990~2007年の21年間に実施された大分県沿岸の海産魚の魚病診断で14,000尾以上のブリが検査されたが,本例が唯一のヒダビル寄生であった。また,寄生を受けていたブリは2000年12月に瀬戸内海中央部にある養魚場から搬入されたものであった。これらのことから,ヒダビルはブリの移動に伴って津久見湾に持ち込まれたと推測された。
抄録(英)
Two leeches, identified as Limnotrachelobdella okae (Moore, 1924), were found attached to the skin of a Japanese amberjack Seriola quinqueradiata Temminck and Schlegel, 1845 (Perciformes: Carangidae) cultured in Tsukumi Bay, the northwestern Bungo Channel, off Youra, Tsukumi, Oita Prefecture, Japan in January 2001. Although a survey of fish diseases was conducted for 21 years from 1984-1986 and from 1990-2007 in the coastal seawaters of Oita Prefecture, this finding was the first and only case of leech infestation of marine fishes cultured in the region. Since the infested fish was transported from a fish farm in the central Seto Inland Sea in December 2000, it is highly likely that the leeches found were introduced to the culture site in Tsukumi Bay together with the transported fish.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
47巻
開始ページ
29
終了ページ
34
出版年月日
2008-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧