このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30888
本文ファイル
著者
Mukai, Tetsuya
Sota, Kazushi
Yamauchi, Takeo
キーワード
Lernaeenicus ramosus
Epinephelus akaara
Epinephelus awoara
groupers
new host
NDC
生物科学・一般生物学
抄録(英)
One hundred thirteen and 53 adult females of the mesoparasitic pennellid copepod Lernaeenicus ramosus Kirtisinghe, 1956 were found infecting a Hong Kong grouper Epinephelus akaara (Temminck & Schlegel) and a yellow grouper Epinephelus awoara (Temminck & Schlegel) from the southern Sea of Japan off Shimane Prefecture, western Japan in October and November 2004, respectively. These findings constitute the first records of L. ramosus from the Sea of Japan. The skin near the base of the dorsal fin was most heavily infected. Epinephelus awoara is a new host of L. ramosus.
掲載誌名
Biogeography
12巻
開始ページ
13
終了ページ
15
出版年月日
2010-10-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
1345-0662
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科